短期的に美しい白い歯も歯並びも手に入れられる「セラミック矯正」とは?

ワイヤー矯正やマウスピース矯正についてはこれまでの記事の中で紹介いたしましたが、本日は短期的に歯並びを良く見せられ審美性のあるセラミック矯正について紹介いたします。

セラミック矯正って何?

 歯科用陶材(セラミック)を、金属の土台に焼き付けるメタルボンドや、メタルフリー(金属を一切使用しない)のオールセラミックやラミネートべニアなどに使用して美しい歯並びを造形する手法です。
 上記からも分かる通り、セラミック矯正とはワイヤー矯正やマウスピース矯正とは違って自分の歯を動かしません。動かさない代わりに本来の歯を削り、その歯を土台にしてセラミッククラウンをかぶせます。そのため、矯正治療ではなく審美治療と言った方が相違ないと言われています。
 

審美治療(審美歯科)って何?

 
 虫歯や歯周病などの口内トラブルを改善、予防する機能的な面と、白さや歯並びを良くする外観的な面を総合的に治療をする分野のことです。細分化するとホワイトニング、オールセラミッククラウン(差し歯)、ラミネートべニア、メタルボンド、クリーニングなどのことを指します。(参考

 本文では主に、オールセラミック、メタルボンド、ラミネートべニアの3点を中心に紹介いたします。

セラミック矯正にはどんな種類があるの?

 

①オールセラミック

  陶材100%でメタルフリーであるため、金属によるトラブル(歯茎の変色や金属アレルギーになる可能性など)の不安はありません。もちろん既に金属アレルギーの方も安心して使用できます。このことから、身体影響が少ないと言われています。天然歯に近い色を表現でき、変色しにくいので審美性に長けています。
  歯科医療ではファインセラミックと言う、陶器やセメントなどとは異なる分類の精密に調整された高精密なセラミックがオールセラミックの素材として使用されています。
  しかし、高密度と言えども延性(延びる力)がほとんどなく、強い衝撃が加わっても形状維持の力が弱く、亀裂から破壊につながりやすいと言われています。

  こうした低い延性を改良し、強度を向上させるために様々な研究が進行しています。
  現在存在する素材にも、ものによっては強い力で折れたり欠けてしまったりすることもあり、奥歯への使用が困難な場合もあります。

  

⑴ジルコニアセラミック

   よく耳にするジルコニアとは人工ダイヤモンドのことで、従来のセラミック素材よりも約3倍の耐久性に優れています。また、透明感があるのに汚れが付きにくく、変色しにくいため審美性が高い事でも注目されています。メタルフリーであるため金属アレルギーを心配する必要はありません。しかし、メタルボンドに比べると高価です。

  

⑵アルミナセラミック

   アルミナとは酸化アルミニウムのことで、セラミックに含有させることで高い強度を実現させました。ジルコニアが出来る以前までは主柱であったほどです。
   また、その強度や融点の高さ、耐摩耗性、電気絶縁性が評価され、産業機械部品への採用が多いようです。
   しかし、現在はジルコニアの使用がメインになっている歯科が多く、あまり散見されなくなっているようです。

  

⑶ガラスセラミック

   リューサイト結晶やアパタイト結晶と言う鉱物を含有させて作られたものです。審美性に優れている物の強度がなく、欠けやすいことが大きなデメリットです。
   しかし、そういったデメリットを払拭する研究は現在も進んでおり、中でもe-maxやセルトラデュオは従来のガラスセラミックの欠点である欠けやすさを改良し、強度と審美性のバランスが取れた最新の審美治療法です。

  

 

②ハイブリッドセラミック

  歯科治療用プラスチックとセラミックを混合したものです。
  こちらもメタルフリーなため、金属による心配は無用です。また、オールセラミックやメタルボンドより安価です。

  しかし、プラスチックによって変色や損傷などのリスクが上がるため、劣化速度が比較的速いと言えます。強度や審美性はメタルボンドが優れており、このことからも噛む力の強い人にはあまりお勧めできません。
  詰め物の場合保険は適用されませんが、保険の歯科治療用プラスチックよりは見た目がキレイと言われています。

 

③メタルボンド

  オールセラミックとは異なり、中心の核部分が金属であり、外部がセラミックと言う二重構成になっています。透明度は劣りますが、高い強度が実現可能で広範囲に適応できることからセラミック矯正での導入率が高いようです。価格もオールセラミックより安価です。
  ただし、経年劣化による金属の溶け出しなどのデメリットも孕んでいるため、生活スタイルやメンテナンスの頻度などの様々な観点から検討が必要でもあります。

 

④ラミネートべニア

  歯の表面を約0.5㎜程度研磨し、薄いセラミックを張り付ける方法です。歯の変色を改善したり歯と歯の隙間を無くしたりと、目に見える範囲を美しく整えることが出来ます。被せ物ではないため、自分の歯を削る量が少なく審美性を高めることが出来ます。代わりにセラミック自体も薄いので、歯ぎしりや噛む力の強い方は割れやすいとも言われています。

どんなメリットがあるの?

 

①素早い矯正が可能

  規模にもよりますが、セラミック矯正は-仮歯の形成からセラミックをかぶせるまで、約半年から一年で完了します。ワイヤー矯正やマウスピース矯正は大抵、二年から三年必要であることを考えると約半分の期間で歯並びを綺麗にできるため、素早い矯正が可能と言えます。このことから、矯正中の見た目を気にすることもありません。
  また、外傷や虫歯などで消耗してしまった歯の治療にも有効です。

 

②歯を短期で白く出来る

  健康的な歯は完全な白ではなく、ほんのり黄みを帯びています。また、歯の神経が死んでいる場合の変色はホワイトニングでカバー出来かねます。仮に保険適応であるレジン(歯科用プラスチック)であっても、経年劣化によって色素沈着をしてしまうと入れたての白さへ戻すのは困難です。
  セラミックは希望の白さを実現できるほか、従来のレジンなどと比べて経年劣化しにくく、汚れが付きにくいことから歯の白さをキープしやすい特徴があります。

 ③身体影響が少なく、体に優しい

  被せ物と言うと、従来の銀歯と呼ばれる金属製のイメージが強いですが、金属製であると経年劣化で唾液に溶けた金属が体内に取り込まれてしまい金属アレルギーを引き起こしたり、ブラックラインと言う歯と歯茎への境目に色素沈着を起こしてしまうトラブルが発生する可能性が多くあります。
 審美治療の内、メタルボンドは金属を使用していますが、オールセラミックのようなメタルフリーであるもの選択すれば上記のようなトラブルの心配がありません。
  また、セラミックは金属よりも軽いといわれています。数か所だけでなく全ての歯を矯正対象にしたときの合計重量を考えると顎や肩、腰などの全身への負担軽減は大きいでしょう。

気をつけなければいけないことは?

 

①自分の歯を削らなくてはいけない

  ラミネートべニアと言う薄いセラミックは、歯の表面にセラミックを張り付けますが、大体0.5mmほど削る必要があります。また、セラミッククラウンが使用される場は合、かぶせる際に厚みが必要になり、土台になる健康的な歯を大きく削ります。
  更には歯の神経まで取らなくてはいけなくなることもあります。神経を取ってしまうと歯の寿命は短くなりますし、削ってしまった歯は元に戻らないため、慎重な判断が必要です。

 

②永久的ではない

  強度のあるセラミック治療もありますが、硬すぎる物をかんだり歯ぎしりをしたり食いしばったりと、強い力を加えると欠けたり折れたりすることがあります。また、経年劣化によって変色することなどからも、一般的には10年が目途と言われています。
  基本的に総額100万円以上の場合が多いですが、保険適応になる可能性は低く、経済的な負担も軽くありません。作り変える際には同じだけの費用が必要になるため、長期的な目で見ても費用が大きくなります。

 

③口内トラブルのリスクが上がる

  身体影響や機能を考えるとに金属製より勝るセラミックではありますが、医師によっては稀に歯の細菌を完全に除去しない場合もあり、歯茎が膿んでしまったり虫歯になったりというトラブルもあるようです。また、セラミッククラウンも被せ物なので土台の歯との段差は必ず生じます。日々のお手入れの中で汚れが落としきらないと、その隙間で細菌が繁殖してしまい、歯周病や口臭などの口内トラブルに繋がることもあります。
  更に、セラミックによって本来の歯を傷つけてしまう可能性も少なくありません。そういったリスク回避にも、定期的な検診をしてメンテナンスをする必要があります。

美しい歯と歯並びを手に入れましょう!

 ご紹介の通り、セラミック矯正は短期的で美しい歯並びや理想的な白い歯を手に入れることが可能です。しかし、そのためには自らの歯を多く削らなくてはいけないリスクがあります。そういったメリットやデメリットを視野に入れた上で経済面、衛生面、時間面などの様々なコストを考え、自らにあった方法を選択しましょう。
 他にも、ワイヤー矯正やマウスピース矯正の方法を過去にご紹介しておりますので、検討材料に活用してみてはいかがでしょうか。