おすすめのオーラルケアアイテムを用途別にご紹介

歯の白さを保つ秘訣は、健康的な口内を保つことです。何故ならせっかくホワイトニングを試みて白い歯を目指しても、口内を清潔にする習慣がない場合は意味がなくなってしまうためです。

また、歯を白くする以外の目的でも、健康的な歯を維持することは口臭や虫歯のリスクを軽減してくれるため、仕事やプライベートでの人間関係を良好にすることがあります。加えて、食事をスムーズにできるという意味でも、骨のバランスを保つ意味でも、歯を失ってかみ合わせに問題を抱えてしまうリスクが軽減され、身体的および精神的な安定にもつながります。

しかし、どんなアイテムを選んだらいいのか分からないから面倒になってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方のために、今回はおすすめの口内ケアアイテムを紹介いたします。

(1) 歯ブラシ

日常的に使用する歯ブラシは生活必需品ともいえるアイテムですが、皆さんは何を基準に選んでいらっしゃるでしょうか。
歯ブラシの平均寿命は約1ヶ月と言われており、毛先が少しでも広がっていると歯垢除去率が8割から6割になってしまうと言われています。
また、3週間使用した歯ブラシは約100万個以上の細菌が付着しており、トイレの水の約80倍にも上ると言われています。
せっかく清潔な口内を維持するために歯磨きをしているつもりでも、歯ブラシの選び方や管理の仕方を誤ってしまうと逆効果になってしまうことが分かります。

おすすめの歯ブラシは、横が3列、縦が大体歯の2~3本以内が理想の大きさです。ブラシのカット部が平らで力が均等にかかりやすいように持ち柄が真っ直ぐなものを選びましょう。
その中でもおすすめの3種類の歯ブラシを紹介します。

①オーラルケア タフト24

小ぶりでシンプルな見た目、磨きやすさと耐久力に優れています。加えて、真っ直ぐなカットのヘッドなのでブラシの弾力によって歯に歯茎もしっかりと磨けます。非常に安価なためコスパに優れており、歯科医もおススメの歯ブラシです。

②Tepe(テペ)セレクトコンパクト

予防歯科先進国であるスウェーデンの歯科剤メーカーの歯ブラシです。
ブラシの毛量が多いことから、しっかりとした密度で奥歯まで気持ちよく磨けます。カラフルな色も特徴的で、家族みんなで色分けもできるところが嬉しいですね。

③KENT(ケント)ハブラシ 極細軟毛 ラージヘッド

KENTは彼のエリザベス2世によって英国王室御用達メーカーに認定されている有名メーカーです。
ヘッドは大きめですが、わずかな傾斜のおかげで磨きにくさが軽減されています。柔らかく細かな毛先が歯茎や歯間の汚れをとりやすくします。

(2)歯磨き粉

歯磨きの際に歯磨き粉を使用しない方もいらっしゃるかもしれませんが、歯を強くするフッ素やその他に含まれる成分の効果を避けてしまうのももったいないですよね。
歯磨き粉にも数多くの種類がありますが、下記はホワイトニングや虫歯や口臭予防に特化し、磨いたつもりになってしまいがちな発砲がより少ない商品をご紹介します。

①コンクールジェルコートF

歯や粘膜を傷つけやすい発泡剤、研磨剤が含まれていないジェルタイプです。フッ素が配合されており、虫歯の発生や進行の防止、歯周病の予防、口臭の防止が見込め、磨く度に歯を強くしてくれます。ミントの香りで磨いた後も爽やかです。

②ドクターオーラル (Dr.Oral) Dr.オーラル ホワイトニングパウダー 天然アパタイト40% 配合

汚れを吸着しやすいヒドロキシアパタイトが歯の黄ばみや歯垢を除去します。香料、合成保存料、合成安定剤、合成活性剤は使用されていません。継続的に使用することで、歯本来の白さへのホワイトニング効果が期待できます。

③GC ルシェロ歯磨きペースト ホワイト 100g

ルシェロホワイトに含有されている弱アルカリ性成分がステインのなかのたんぱく質を加水分解してくれます。また、ポリエチレングリコール400によって煙草のヤニを分解し、炭酸カルシウムによるステイン除去によって歯を本来の白さへ導きやすくなっているようです。
加えて、フッ素によって虫歯予防も期待できます。

(3) デンタリンス

歯磨きの後や食事の前後に口内を清潔にしたい方、または気になった時にすぐに口内をケアしたい方に、手軽なデンタリンスは最適です。
低刺激で効果の高い3種類のデンタリンスをご紹介します。

①コンクールF

マイルドなミントの薬用デンタリンスです。コップ一杯の水に数滴混ぜるだけなのでコストパフォーマンスが優れています。殺菌力が高いのに刺激が少なく、歯肉炎や口内炎などの口内トラブルがあっても安心して使用できます。

②A2Care マウスウォッシュ

某航空会社でも使用されている程、消臭力に優れています。ほとんど無味無臭で口内にフレーバーは残らず、食事前でも気軽にケア出来ます。持ち運びに便利なスプレータイプもあります。

③TheraBreath (セラブレス) オーラルリンス マイルドミント

TheraBreathは世界35カ国以上で愛用されている実力派のオーラルケアメーカーです。アルコールフリーの低刺激な爽やかなミントで、朝起きた時の嫌な臭いや不快感を予防できます。

(4) 歯間ケア

歯ブラシで丁寧に磨いても、歯と歯の間に潜む歯垢はなかなか磨ききれません。放っておくと虫歯や歯周病、口臭の原因となるため、しっかりと歯垢を落とす必要があります。
種類は糸状や持ち手付きのデンタフロス、ゴムタイプやワイヤータイプの歯間ブラシ、水の力で歯垢を落とす口腔洗浄機などがあります。
下記以外にも様々な種類がありますので、ご自分の使いやすいものや、ご自身の歯間に合った歯間ケア併用すると一層、快適な歯磨きを堪能していただけるでしょう。

①オーラルケア フロアフロス


イタリアはミラノ製のデンタルフロスです。ワックス付きですが384本もの繊維が歯茎に優しいので、しっかりと汚れをかきとれます。グリップ感のあるフロスなので指に巻いていても安定感があります。250mの大容量タイプもあります。

②ライオン DENT.EX 歯間ブラシ 4本入 SSS

L字型なので奥歯の隙間もしっかりと磨けます。歯間ブラシが初心者の場合はゴムタイプがお勧めですが、ワイヤータイプの方が磨き残しが少ないと言われています。サイズも様々なので歯の隙間より一回り小さめのサイズを選びましょう。

③パナソニック 口腔洗浄機 ジェットウォッシャー ドルツ コードレス

水と超音波の力で、ブラシの届きにくい歯間から歯周ポケットなどの隅々まで洗浄可能です。防水なのでお風呂の中でも安心して使用できます。持ち運びに便利なコードレスタイプですが、コストパフォーマンスに優れている据え置きタイプもあります。

いかがでしたでしょうか。
この他にも様々な新しい商品が日々誕生しています。ピックアップさせていただいた上記の中で選んでいただいたり、これをきっかけにこの他の商品をお調べいただいて、ご自身のお気に入りの逸品が発見できたなら幸いです。