ニキビの原因と対策や予防法

皆さんはどんな肌トラブルに悩まれていらっしゃいますか?
今回はこの季節に起こりやすい気温の上昇による皮脂の分泌や、マスクで密閉されることによって起こりやすいと言われているニキビについて、その種類と原因や簡単にできる対策や予防について紹介いたします。

ニキビって何?

 ニキビに悩まれる方の中にも、長期間に渡って重度のニキビに悩まされている方や、昨日までは何ともなかったにも関わらず朝起きたら突然ポツリと膨れていたりと幅がありますよね。

 まず前提として、ニキビは毛穴の病気と言われています。ニキビ発生の条件としては毛穴が塞がることと、皮脂分泌過剰分泌です。

 ニキビにはいくつかの種類がありますが、これらは一般的に皮脂腺の多い顔や胸、背中に出来やすいものです。

 

①白ニキビ、黒ニキビ

  毛穴が塞がってしまい、皮脂が溜まった状態を面ぽうと言います。
  毛穴が閉じている場合を白ニキビ(コメド)と呼び、毛穴の開いたところから主に酸化した皮脂によって黒く見える場合を黒ニキビと呼びます。どちらも見え方は違いますが、ニキビの初期段階と言えます。

 

②赤ニキビ

  白ニキビや黒ニキビが炎症を起こしてしまうと丘疹という赤ニキビになります。これは毛穴に溜まった皮脂をエサにアクネ菌が増殖し、炎症や悪化を引き起こしているためです。痛みを伴う場合も多くありますが、故意に潰してしまうと跡になる可能性があります。

 

③黄ニキビ

  アクネ菌の増加による炎症に加え、黄色ブドウ球菌と白血球の死骸による化膿が進行してしまい、表面が黄色っぽくなっている状態です。放っておくと色素沈着やクレーターなどの跡になってしまう確率が非常に高く、専門的な治療が必要になります。

 

④紫ニキビ

  結節化ニキビとも呼ばれます。化膿している上に血が混ざり、紫色に炎症している状態でニキビの最終段階と言われています。
大きめに腫れ上がっていることが多く、硬い感触があるのが特徴です。白血球などによって皮膚組織が破壊されてしまう過剰な防衛反応が原因です。
  跡が非常に残りやすいため、自己判断でのスキンケアや薬品の使用は控え、必ず医師と相談しましょう。

 

⑤ニキビ跡

  炎症が残ってしまって赤みが残ったり、その赤みが長引いてメラニンの残留による色素沈着でシミのようになってしまったり、肌の奥深く(真皮)まで膿が到達して再生しきれずに凹凸になってしまったり、傷跡としてのケロイドになってしまったりと、ニキビ自体が治ったとしても、その後遺症が残ってしまうことをニキビ跡と言います。
  これらを治療するにはニキビの治療よりも長時間、高技術を要するためニキビ跡にしないよう慎重に治療する必要があります。

ニキビってどうして出来るの?

 初めに、ニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビは毛穴がふさがってしまうのが原因と説明しました。そのひとつの理由としては、化粧品などの落とし残しやターンオーバーの乱れによって排出されなかった角質や皮脂汚れが固まってしまうことです。
 従ってニキビ発生には、皮脂の過剰分泌が原因と言えます。

 ではその皮脂の過剰分泌は何故引き起こされるのでしょうか。

 

①ホルモンバランスの乱れ

  ニキビに関係のあると言われているホルモンは主に、成長ホルモン、男性ホルモン、黄体ホルモンです。
ホルモンが活発になることによって皮脂が過剰分泌され発生することもあります。思春期のニキビがこれに当たる場合が多いようですが、思春期だけでなく、男女問わず成人になっても男性ホルモンの増加によって現れるニキビに悩まされることは少なくありません。

  成人女性の男性ホルモンの過剰によってもたらされる男性化兆候(高アンドロゲン徴候)を伴うニキビへの研究では、不適切な食事、ストレス、PCOSが長かったという研究結果があり、一概に全て当てはまるとは言えませんが、高アンドロゲン症との関連に可能性があるとしています。
  こうした男性ホルモンを抑えるために低用量ピルを服用することによってニキビの改善も見込めるようです。

  ホルモンバランスの乱れを誘発する原因として、ストレスが大いに関係があると言えます。つまり、ニキビには心的要因もあるということです。
  これらは精神皮膚科学や心理皮膚病学と言う分野にて、脳と皮膚とは密接な関係性があるとして、様々な研究が行われています。

  例えば、6ヶ月の間に62人の患者の日々のストレスとニキビの症状をグラフ化した研究が、2009年にオランダのラドバウド大学から発表され、高ストレスを受けてから4週間後、ニキビが悪化する可能性が高いこと明らかにしました。これはストレスによって分泌されるコルチゾールというホルモンのレベルが高くなることでホルモンバランスの乱れが生じていると言えます。

  これらのことから、ストレスはニキビを悪化させ、更には完治するまで長時間を要する可能性があります。
  心療皮膚科などのそれらを専門的に扱っている医療機関もあるため、ストレスやニキビ以外の肌の悩みを抱えている場合はこのような機関へ相談をしてみるのもよろしいかと思われます。
  

 

②食生活の乱れ

  第28回ヨーロッパ皮膚性病科学会議にて発表されたレポートでは、糖類の高い菓子類や飲料、乳製品を多く摂取している人のニキビ発生率が高いとあります。特に精製された白砂糖は、ホルモンバランスを崩しやすい食べ物であるため、注意が必要です。

  また、糖分と脂質を過剰摂取するとビタミンB群が消費されやすくなってしまい。皮脂分泌も過剰になりやすいと言われています。また、逆に過度なダイエットが原因で栄養不足により肌荒れを引き起こしてしまう場合もあります。

  加えて、過度なアルコール摂取は血行が良くなることで痒みが酷くなったり、脱水症状をもたらす事が多いことから、皮膚の乾燥を誘発する可能性があります。アルコールが原因の乾燥は、ビタミンAやビタミンCが過剰に消費され、ストレスによる肌バリアの機能が低下してしまうと言われているためです。
  肌バリアの機能が低下すると、外部の刺激に弱くなったり、皮膚が硬化してしまうことで毛穴を塞ぎやすくなります。よってニキビや肌荒れを起こしやすくなってしまいます。 

 

③皮脂の落としすぎ

  皮脂の落としすぎや摩擦の強い洗浄方法は肌バリアを壊してしまいます。毛穴の詰まりを解消する目的でのスクラブやブラシを使った洗顔は、悪化をさせる原因になります。それとは逆に水やお湯のみでの洗顔方法もありますが、日本皮膚科学会の発表している尋常性ざ瘡治療ガイドライン2017では、洗顔は1日2回洗顔料を使って洗うことを推奨しています。

  濃いめのメイクをしている場合は別ですが、刺激の強いジェルや拭き取りシート、または洗浄力の強いオイルではなく、クリーム系のクレンジングをたっぷり手に取ってこすり洗いをしないなど刺激を少なくすることが大切です。
  夏になると汗をかいたり海やプールなどの利用によってウォータープルーフの日焼け止めやファンデーションなどの化粧品を使う場合がありますが、専用のクレンジングで落とす必要があります。

ニキビを予防したい!

 ニキビの誘発原因を断つことが一番の予防法です。特殊なことは必要ありませんが、継続が必要です。

 

①清潔さと摩擦への配慮をする

  過度に皮脂を取ってしまうのは乾燥に繋がるため、洗顔の際には水温や時間、洗顔料、洗い方に気をつける必要があります。
  また、ニキビができてしまうと気になってしまうものですが、色んなものに触れる手でそのまま肌に触れるのはあまり良くありません。特に肌に触れやすい化粧品を付けるパフや筆、タオル、寝具は常に清潔にするのがおすすめです。
  そして、皮膚への摩擦はニキビのみならず肌へのダメージにも繋がります。角栓を取り除くという目的で過度に擦ったり、自己判断でのピーリングやニキビをつぶしてしまうなど刺激を与える行為は控えましょう。

 

②生活リズムを整える

  食生活の乱れがニキビを誘発することについては前に記しました。糖類の高い菓子類や飲料、乳製品を多く摂取している場合は食生活を見直す必要があります。
  不足している栄養素をサプリメントで補うことも有るかも知れませんが、たんぱく質や新陳代謝を整えるビタミンB群やビタミンA、血行を促進するビタミンEを含む食物を取り入れ、バランスの良い食事を心がけることが重要です。
  腸内環境も肌の治安に影響を与えます。便秘の改善を目指すための食物繊維を摂取することも心がけ、胃腸の働きを助けるためにも、暴飲暴食は避けましょう。

  また、睡眠が不十分であると成長ホルモンが減少し、健康的なターンオーバーの妨げになります。成長ホルモンは時間帯関係なく、深い睡眠であるノンレム睡眠の際に分泌されることから、質の良い睡眠を取ることが重要です。

ニキビを治したい!

 これまで述べた通り、ニキビは毛穴の病気であり、心の病と繋がっている可能性も多くあります。市販されている薬用のスキンケアやニキビ治療の薬品、またはその目的でない薬品を使ったライフハックなど様々ありますが、どれを選ぶにしてもどうしても自己判断になってしまいます。
 ニキビの原因は必ずしもひとつではなく、今回紹介した事柄や別の要因が入り組んでいるため一人ひとりに合った治療法が必要です。
 自己判断によって一時的に治ったとしても、再発した時により悪化して跡が残ってしまったり、薬が合わずに肌が荒れてしまうといった二次的な問題に繋がる可能性もあることから、慎重な対応が必要になります。

 もし現在あるニキビを治したいと考えていらっしゃる場合は一度、皮膚科に相談しましょう。そこから今後の過ごし方を選ぶことをおすすめ致します。