日焼けの原因と対策方法

初夏の風を感ぜられるようになってきて、日中は暑さも感じるようになりましたね。
まだ家に居ることの多いこのご時世ですが、美しく白い肌を保つための日焼け対策は家の中に居ても必須です!
今回は日焼け対策の意味とその方法について紹介いたします!

なぜ日焼けするの?

太陽から放たれる太陽光線には約5%の紫外線が含まれ、主にUV-A波(以下A波)、UV-B波(以下B波)、UV-C波(以下C波)の3種に分類されます。その内、C波は非常に有害ですがオゾン層に強く吸収されるため、地上に届くのはA波とB波です。そのためA波とB波が日焼けの原因であると言われています。

B波は角質層を超えて表皮に届き、浴びた後は皮膚が赤くなって、まれに火傷状態になります。毒性が高く有害紫外線と呼ばれています。
B波には骨を作るのに必要なビタミンDの生成に関わっていますが、長い間当たってしまうとメラニン色素の増加や色素沈着によってシミやソバカスの発生を助けたり、皮膚がんや白内障などの原因にもなります。

A波はB波より波長が長く、表皮を超えた真皮まで深く届きますがB波よりは有害ではありません。長い間当たってしまうとしわやたるみの発生を助けます。

日焼けをした際、肌がやけどを負い、炎症を起こしたように赤くなる状態をサンバーンと言います。これは主にB波が原因です。その後、メラニンが発生し黒くなる状態をサンタンと言います。
メラニン色素は紫外線を強く吸収するため、次に紫外線を浴びた時に皮膚への影響が少なくなるための「防御反応」と言えます。
よって生まれ持ってメラニン色素の少ない人は皮膚が黒くなりくい代わりに炎症を起こしてしまい、肌へのダメージも大きくなります。

日焼けによるダメージは蓄積されると言われていることから、肌が黒くなるだけでなく、上記のような老化や重大な病を引き起こす可能性が高くあります。
そんな日焼けを防ぐためにはどのようなことに気を付けるべきでしょうか。

紫外線はどう防ぐ?

紫外線を防ぐには、紫外線の極力ない場所で過ごすことが一番です。しかし、外出しなければならなかったり、室内に居ても対策は必須です。紫外線を防ぐにはどんなことに気を付けるべきなのかを5つ、紹介いたします。

①UVインデックス(UVI)を参考にする

オゾン層の破壊によって紫外線による被害は日本のみならず、世界各国の重大な課題です。これを受けて世界保健機関(WHO)らは国際的な取り組みの一環として、UVインデックス(以下、UVI)と言う基準を設けました。UVIは紫外線が人体に及ぼす影響について分かりやすく1~11+までで指標化されたもので、特定の日の最大紫外線レベルを一般人でも確認ができます。

1~2の場合は紫外線が弱く、安心して外で過ごせるグリーンゾーンです。
3~7の場合は紫外線が中程度~強く、日中は日陰を利用し、なるべく日焼け止めを塗ったり長袖を着たり帽子をかぶってほしいというイエロー、オレンジゾーンです。
8以上の場合は紫外線が非常に強い~極端に強く、日中の外出は控え、必ず日焼け止めを塗ったり長袖を着たり帽子をかぶってほしいというレッド、パープルゾーンです。

上記UVIの日本国内の取り組みについては以下で確認ができます。
気象庁は日本全国の翌日の紫外線の強さをUVIで公表しています。
有害紫外線モニタリングネットワーク(国立環境研究所)では全国の大学や研究機関で観測された紫外線のデータを基にUVIをネット上で公開しています。

②日焼け止めを適切に使う

オーソドックスなのは塗るタイプの日焼け止めです。
日焼け止め選びに重要なのが、SPFとPAの表記でしょう。

SPFとはB波の遮光効果を表すもので、数値が大きいほどサンバーンを防ぐ時間が延長します。
これについて、米国皮膚科学会は日焼け止めについての基本情報Q&A方式で紹介しています。
その内、SPF30で紫外線は97%遮断され、それ以上高くても100%は防げないことが記載されています。

PAとはA波の遮光効果を表すもので、A波のを照射して2~4時間の間に黒化反応がどれくらい抑えられるかが表記の基準になっています。平成25年1月1日より+~++++までの4段階表記になりました。

また、日焼け止めには紫外線吸収剤と言う、紫外線を熱エネルギーなどに変えて放出する成分が含まれていることがあります。これによって上記のSPFやPAの数値が左右されますが、敏感肌の場合はこの化学反応によって刺激を過剰に受けてしまう場合があります。
その場合は、紫外線を反射させる紫外線散乱剤のみを使用している日焼け止めがお勧めです。ただし、後者の紫外線散乱剤でも肌トラブルが起こる場合もあります。その場合は必ず自己判断せずに皮膚科で診療を受けてください。

日焼け止めの種類はいくつかありますが、なるべく耐水性で保湿力の高いクリームタイプやミルクタイプのものを選ぶとよいでしょう。万が一日焼けをしてしまった後は特に乾燥しやすいため、保湿のできるものがお勧めです。
また、日焼け止めは摩擦や汗や皮脂などによってその効果を十分に発揮できない状態になる場合が多くあります。それを避けるためにも屋外では2~3時間の間隔での塗り直しをお勧めします。

スプレータイプは化粧をした後でも塗り直しができるため常備している方も多いのではないでしょうか。
しかし、触感が少ないため塗り残しに気付けなかったり、ウォータープルーフと表記があっても密着力が低く流れやすい傾向にあるようです。また、粒子を過剰に吸い込んでしまう場合もあり、周囲への気遣いも必要なため、使用方法を正しく知っておく必要があります。
スプレータイプと言っても手に適量取ったり、腕や足などの日焼け対策したい場所へ多めに噴射したりして、手で馴染ませるのが最適です。
また、塗るタイプと同様に2~3時間程度の間隔で塗り直しをしましょう。

飲むタイプは塗り忘れや塗りむら飲むだけで防げるというメリットから幅広く浸透しつつありますが、現在もなお医学的にもエビデンスが取れていないことが分かっています。さらには2018年5月22日にアメリカ食品医薬品局(FDA)が飲む日焼け止めについて、物理的に日焼けを防ぐのは難しいとも警告していることから、その効果は未知となっています。

③日傘や衣類に注目する

日傘や衣服の素材生地には、あらかじめ紫外線の吸収、あるいは反射させる酸化チタンや特殊セラミックなどを織り込んだUVカット素材であるものと紫外線を防ぐ薬剤で生地をコーティングするUVカット加工であるものの2種類あるようです。例外的にポリエステルやウールは元々紫外線の影響を受けにくく、生地色によっても透過率が左右されるようですが、通気性やファッション的な観点からも、実用的でないことが多々あると言います。

これらの、紫外線を防ぐ基準としては紫外線遮へい率や紫外線保護指数(以下、UPF)が適応されます。
紫外線遮へい率は日本独自の表記方法です。%数値が大きいほど紫外線からカバーできる効果が高いことを示します。
UPFは紫外線対策の歴史の長いオーストラリア、ニュージーランドで定められた紫外線カットの評価基準のことです。15以上から防御効果が見込め、50+が最高値と言われています。UPF15でも、80%以上のカット率が見込めます。

私たちの日常で使用される繊維のうち、UVカットが見込めるアイテムは上記の基準が採用されている場合が多くあります。信頼できる基準を参考にしておきましょう!

④目を保護する

元々目には紫外線を防ぐ力が備わっているようですが、強い紫外線(とくにB波)が長い間目の角膜に紫外線が当たると炎症を起こし、痛みや充血を伴う角膜炎を発症する可能性があったり、白内障の危険性が高まります。
また、大阪市立大学大学院医学研究科の井上正康教授が行ったマウス実験では目のみに紫外線を照射したとき、脳が紫外線が体全体に照射されたと錯誤し、それが原因となって身体保護のためのメラニン生成や身体変化が確認されたと発表しています。つまり、どれだけ皮膚を保護していても目を保護しなければあまり意味がないということです。
それを避けるためにもUVカットの機能のあるサングラスをかける必要があります。

サングラスを選ぶ基準は紫外線透過率です。透過率が低いほど光を遮ります。
1.0%以下だと99%の紫外線をカットできるようです。

気象庁は、紫外線は空気中の分子による散乱を起こしたり、地表面の反射によって届く紫外線対策について進言しています。草地や土は10%以下ですが、アスファルトは10%、水面は10~20%、砂浜は10~25%、新雪に至っては80%の反射率があります。このことから、サングラスをかけていても上下左右から紫外線が侵入することも有り得ます。しっかりとフィットした適切なサングラスを選ぶだけでなく、帽子の着用もお勧めします。

また、環境省は色の濃いサングラスを着用し、光の入りにくいサングラスをかけると瞳孔が大きくなるため、UVカットレンズでない場合は大量の紫外線の侵入を許してしまうとしていました。色の濃いサングラスを選ぶ際には必ず、UVカットの効果のあるものを選びましょう。

⑤室内で簡単に遮光のできるアイテムを取り入れる

B波はガラスを通りぬけられませんが、A波は雲やガラスも通り抜けます。このことから、家の中に居ても紫外線対策は必須です。
とりわけ、UVカットカーテンは一番用意しやすいアイテムではないでしょうか。UVカットカーテンは遮光カーテンとは違います。また、UVカット率もカーテンによって様々ですが100%防ぐカーテンは存在しないため80~90%のカーテンを選んでみてはいかがでしょうか。
また、窓に直接貼れるフィルムや、コーティングスプレーなども市販されています。用意した後に施工する時間がかかってしまうのが玉に瑕ですが、カーテンよりもUVカット率が高い場合もあります。心配な方はカーテンと両使いすれば比較的安心できると思われます。

日焼けしてしまったら!

これだけ用心していても、ふと気が緩んで日焼けをしてしまう場合も有るかも知れません。
最後に、日焼けをした後のケアについてご紹介します。

日焼けの直後はB波によって炎症を起こしている場合が多くあります。そのため、まずは日焼けした場所に強い刺激を与えないように冷やすのが先決です。保冷剤は必ずタオルなどで包み、直接当ててはいけません。もしその保冷剤でも冷たすぎると感じる場合は、水に濡らしたタオルをこまめに取り換えても効果的です。
また、日焼けをする環境に居たのであれば脱水症状を起こしている可能性も少なくありません。体の内部から冷やす効果もあるため、必ず水分をとるようにしましょう。

次に、保湿をします。日焼けをした皮膚は水分が奪われた状態であり、乾燥をしています。そのまま放っておくと更に乾燥が悪化してしまうため、ワセリンなどで必ず保湿をしましょう。
また、日焼けの直後にエイジングケアや美白化粧品を取り入れるのは危険です。肌バリアが弱っているときに刺激の強い化粧品を使用してしまうと、後々敏感肌になったり乾燥肌に傾いたりなどの肌トラブルを引き起こす原因になりかねません。痛みや炎症が完全になくなってからの使用の検討をお勧めいたします。

日焼けによって傷ついたり死んでしまった細胞は、ターンオーバーによって角質層から外部へ追いやられていきます。
このように、範囲にもよりますが大体2週間かけて皮がむけていきます。日焼けの場合は新しい皮膚を急遽生成している状態のため、新しい皮膚は不完全であることが多くあります。無理に皮をむいたり、摩擦や新しく日焼けをするのは大きなダメージに繋がるため、日焼け後ケアには十分な注意が必要です。

将来に大きな影響を与える可能性の高い紫外線を回避して、美しい肌と健康を守りましょう!