歯が黄ばむ要因と、歯を白くする方法!ホワイトニングサロン やマニキュア・市販ホワイトニングの比較

歯が黄ばんでしまう原因と、簡単にお金をかけずに歯を白くする方法についてご紹介していきます。

  • 黄ばみを解消して生まれ持った白い歯を手に入れたい
  • お金をかけずに、生活ルーティーンの負担にならない範囲で歯を白くしたい

という方は、ぜひ参考にしてください。

そもそもなぜ歯が黄色くなるのか?

その原因は多岐にわたり、カレー・ワイン・タバコ・コーヒーなど日頃から口にする食品の色が歯に移ったり、年齢とともに歯の内側の象牙質が変色したりなどが挙げられます。

歯を白くする方法と言えばホワイトニング!若い世代を中心に人気に

日本でも白い清潔的な歯はマナーの1つとなりつつあり、黄ばんだ歯を白くするホワイトニング人気が急増中。
公益社団法人日本歯科医師会によって行われた、歯や口の中に関する関心への調査では、全体では「歯周病の予防と治療方法」(50.1%) が多く、次いで、「むし歯の予防と治療方法」(48.9%)、「口臭について」(33.8%) 、「ホワイトニングについて」(25.0%)と続きます。
うち、ホワイトニングが気になる世代は10~20代がもっとも多いです。

モデル・芸能人・ハリウッドセレブなどの影響も受けて、ホワイトニングに対して興味を持たれる若い世代が増えてきているのかも知れませんね。

ホワイトニングの中でもセルフホワイトニングが安価・続けやすいと高評価

ホワイトイングには、オフィス・ホーム・セルフホワイトニングといったホワイニングの種類があります。
ホワイトニングというと歯科医院の元で行うオフィスホワイトニングや、マウスピースに処方された漂白剤を入れて行うオフィスホワイトニングが主流でしたが、「値段的に高い…」「歯科医院の雰囲気がどうも苦手」という声も。
そこで昨今、ホワイトニング市場で話題となっているのが「セルフホワイトニング」です。
セルフホワイトニングは医師の元で行わないホワイトニング方法で、もっとも身近な例だとホワイトニング歯磨き粉、歯のマニキュアなども、セルフホワイトニングの1つです。
最近では、1回あたり1,000円前後~はじめられて、歯への刺激も少ない溶解剤とLEDライトを併用するホワイトニングサロンが増えています。
「安い上に、実感度が高い」「歯科医院のような雰囲気がなくてよい」と注目を集めているのです。

最近よくあるホワイトニングサロンって?

ホワイトニングサロンでは、歯科医院で使用する薬剤・機材の使用はできません。
歯科以外でも取り扱いが可能な溶解剤として重曹やポリリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸を使用し、LEDで照射することで相乗的に白さの実感力を高めていくというものです。
ホワイトニングサロンによって提供されるメニューに違いがありますが、たとえば当サロン、エバーホワイトでは+超音波を加え従来の1.5倍の実感力を実現しています。
患者様の口内に触れるということは医療行為にあたるため、ホワイトニングサロンでは担当者が使い方を説明し、ご自身で塗布やセットなどを行っていただくことになります。
ホワイトニングサロンでは、生まれ持った歯の白さにまでトーンを明るくすることが可能です。
個人さがあるものの1回でなんとなく白さの変化を感じられ、3~4回で元の白さへ、メンテナンスとして月1~2回の継続で維持ができます。
お値段も1回あたり(30分程度)1,000円以下~3,000円と低コストです。

白い歯が1日続く歯のマニキュアのメリット・デメリット

市販で販売されている歯のマニキュアには、ペンシルタイプのものやボトルタイプのものがあります。
使用方法は簡単で黄ばみが気になる歯に塗るだけです。

メリット

  • すぐにさっと塗れる
  • 持ち運びができるから外出先でも使える

デメリット

  • 塗りむらが出てしまうことも
  • 付けている最中にはがれることもあるので、気が抜けない
  • 天然の歯のように透明ではなく違和感が出ることも

外出先で「はがれていないかな」と心配する必要がでてくるので、少し不便ですよね…。

市販ホワイトニングはどこまで効果が期待できる?メリット・デメリット

市販のホワイトニンググッズはさまざまです。

  • 研磨剤の配合された消しゴムで汚れを削り取るもの
  • ヤニなどの汚れを浮かし、軽く研磨することで表面の汚れを落とす歯磨き粉
  • 特殊な薬を塗り、乾かしたあとにブラッシングするホワイト剤
  • 歯のパック

など。

メリットとしては市販で購入できるので手軽ですし、お値段も1,000円程度で何度も繰り返して使えるのでコスパも良いです。
デメリットとしては、白さの限界があり元の白さ以上にはならないこと、さらに研磨剤配合の歯磨き粉を使い続けてしまうなど間違った使い方で歯そのものがもろくなってしまうということもあります。
細かい狙った歯へのアプローチが難しいのもデメリットの1つです。

ホワイトニングサロン ・マニキュア・市販ホワイトニングの比較

  ホワイトニングサロン 歯のマニキュア 市販のホワイトニング
効果 4回で元の白さへ 落ちるまでの数時間 数カ月以上継続しても確約はできない
価格 1回あたり1,000円以下~ 3,000円前後 1アイテム数千円
手間 好きな時に通うだけ 毎回付ける必要がある 自分に合った商品探し・模索が必要
特徴 元の白さまでたったの4回前後で持っていける 取れてしまうため適宜塗り直しが必要 手軽に購入できるが効果のほどは確約できない

手間や実感力を考えると、セルフホワイトニングならば、ホワイトニングサロンに通う方法がもっとも手っ取り早いと言えます。
やみくもに市販のホワイトニングにトライするよりも、より最短距離でゴールを目指せます。
セルフホワイトニングにご興味をお持ちの方は、ぜひ当店エバーホワイトをご検討くださいませ。
超音波を加えた、これまでにない手法により可能となった従来セルフの1.5倍の実感力をぜひ体験してくださいませ。

>>格安通い放題のセルフホワイトニングサロンはこちら